美容外科というものは、正式には外科学の中の一つであり、医療に主軸を据えている形成外科学(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作るreconstructive…復元する)とは異質のものだ。
また、整形外科とも早とちりされがちであるがまったくもって分野の違うものだ。
皮膚の美白指向は、1990年代前半からじわじわと女子高生などに支持されたガングロなど、不自然なほど極度に日焼けする独特な渋谷系ギャルファッションへの対抗とも取れる思いが入っている。
美容の悩みを解消するには、一番初めに自分の臓器の調子をみてみることが、ゴールへの近道になるのです。

ここで知りたいのが、一体どんな手段を用いれば自分の臓器の調子が診断できるのでしょうか。
この国において、皮膚が白くて淀んだくすみやシミが無い素肌を理想とする感覚は以前からあり、「色の白いは七難隠す」という諺があるくらいだ。
ホワイトニング化粧品であることをパッケージなどで謳うには、まず厚労省の認可が下りている美白に効果のある成分(よく扱われるのはアルブチン、コウジ酸など)を含んでいる必要があるらしいのです。

押すと元通りになる弾むような肌のハリ。
これを保持しているのは、かの有名なコラーゲン、すなわち蛋白質です。

バネの役割を担うコラーゲンが下から肌を下支えしていれば、弛みとは無関係でいられます。

メイクのデメリット:崩れないようにお化粧直しをしないと見苦しくなる。
メイクを落としてすっぴんに戻った時に毎度訪れる落胆。
化粧品にかかるお金が案外馬鹿にならない。
メイクしないと外に出られないという強迫観念にとらわれる。
化粧の欠点:涙が出るとあたかも阿修羅のような恐ろしい形相になる。